2008年05月18日

サクラ公園

サクラ公園は「おくさまは18歳」のロケ地としてドラマに登場しますが、この公園、同じ名称で桜ヶ丘には最低でも2ヶ所存在します。
まず1つ目は、桜ヶ丘ロータリーにある「桜公園」です。 桜ヶ丘ストアーのお肉屋さんや八百屋さんの正面にある小さな公園です。
桜ヶ丘ロータリーに行けばすぐに見つかります。

もう一つは、いろは坂「さくら公園」
場所は、ラストシーンで登場するいろは坂をさらに下った左手にあります。
この公園が登場するのは第33話「てんでブルーな誕生日」です。
この回では飛鳥がブランコに乗っているシーンありますが、現在は遊具はなくベンチだけしかありません。
posted by PRINNONO at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おくさまは18歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

「おくさまは18才 新婚教室」 6月放映

チャンネルNECOで6月に「おくさまは18才 新婚教室」の放映が予定されています。
(放映日時はまだ公開されていません)

飛鳥と哲也は友紀さんと石立さんですが、他は全く違うキャストで構成されています。
ドラマ版とはだいぶ違い、また別の「おくさまは18才」を見ることができますのでお見逃しなく!!

NECO「おくさまは18才 新婚教室」

『おくさまは18才 新婚教室』

監督:山本邦彦 原作:木村三四子
出演:岡崎友紀 石立鉄男 宍戸錠 藤村有弘
posted by PRINNONO at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | おくさまは18歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

第1回のオフ会としては成功!?

5月11日に行ったオフ会、楽しかったですね〜!
寒くて天気は悪かったのですが、参加された方々には喜んでもらえたようです。
今回参加された方々は、私にとっては初対面です。
ドラマ派の方、友紀さん本人をこよなく愛す方と入り方はさまざまですが、やっぱり共通点があれば意気投合!

ロケ地巡りでは、おそらくいろいろなドラマのシーンが脳裏をよぎり「あっ!この場所!」と思わず納得されたのでは...
また、こんな場所で撮影が行われて、当時は飛鳥や哲也も大変だったんだなぁ〜と感じたり...

懇談会では、さまざまな話で盛り上がりました。
話は「おくさまは18歳」に限らず、多岐にわたり尽きません。
気がついてみるともうこんな時間...という感じでした。

翌日は多分、ロケ地巡りで足腰が痛かったのではと...


今回は当方で日程を決めてしまったため、行きたくてもこの企画に参加できなかった方々には大変申し訳ありませんでした。
次回開催?の時は、調整をしながら進めていきたいと思っております。
posted by PRINNONO at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | おくさまは18歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

第1回オフ会 おくさまは18歳 〜桜ヶ丘編〜

皆さま、こんにちは!

いよいよ、今度の日曜日に桜ヶ丘で初めてのオフ会が開催されます。
今回は第1回ということで、私としてはドキドキものです...
他のオフ会に参加された方にとっては味気ない内容になってしまうかもしれませんが...
ま、取り合えずやってみるしかありません!
でも、出来れば「すてきに楽しい日曜日」にしたいものですネ!

今回のロケ地探索は下記を予定しています。

10:00 聖蹟桜ヶ丘駅前交番に集合
10:20 バスターミナル4番乗り場から「桜ヶ丘2丁目行」のバスに乗車
10:40 「桜ヶ丘4丁目」バス停で下車
10:40〜 桜ヶ丘ストアー周辺のロケ地ポイント探索
11:10頃 徒歩にて高木家へ
〜11:30 高木家周辺のロケ地ポイント探索
11:40〜 浄水場周辺探索
〜12:10 いろは坂
〜13:00 聖蹟桜ヶ丘駅到着、周辺探索
13:10〜 昼食・懇談会

(ここに記載の時間は予定ですので、現地の状況により順路や時間が変わることがありますのでご了承ください。)


posted by PRINNONO at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おくさまは18歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

ドラマの記録...【最終回】

前回は初期の録画に関するお話をしましたが、今日はその後に登場した録画機器とそれにまつわるお話をします。

友紀さんが出演されていたNHKドラマの映像が無い理由がわかります...

16ミリフィルムカメラに代わって録画できる機器が2インチVTR。
ドラマなどの録画撮り、編集・消去が出来る画期的なものでした。
1958年にNHKが導入し1980年代初めまで使用されていましたが、ランニングコストが非常に高く、テープの値段は何と1本10数万円!
当時としては一般サラリーマンの年収と同じくらいの金額ですから、いくらNHKでも大量にストックすることは出来ません。
そこで、撮影が終了しオンエアーされた番組は、そのテープから消去され繰り返し撮影に使用されたのです。
特にVTR収録番組のドラマは直撃を受け、有名なドラマでもその記録が残っていないことが多いようです。
例えば、誰でもが知っているあの人気人形劇の「ひょっこりひょうたん島」は1964年から1224回放映されましたが、実際に残っているのはたった8回分のみ...

超有名番組でもこのありさまですから、普通のドラマなどはひとたまりもありません!

友紀さんが出演されてた「あねいもうと」はこの2インチVTRで録画され100%とは言いませんが99%は消去されています。(トホホ...)
posted by PRINNONO at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

ドラマの記録...【その2】

前回は日本のテレビの始まりと受像機の普及について話しましたが、今日は映像の記録についてお話します。

友紀さんも1960年代後半からNHKのドラマに出演されていましたが...

テレビの放映が開始された1953年(昭和28年)当初の番組は生放送しかありませんでした。
この頃はまだ、放映された番組を保存する機器や設備などがありませんでしたから、その時の映像はほとんど残っていません。
ただ、一部で音声のみというのはあるようです。

その後、NHKでは番組を録画できる機器を導入しますが、録画できるといっても実際は放映されている番組がブラウン管を通して映っているものをフィルムカメラ(16ミリ)で撮影するというものでした。
しかしながら、この16ミリカメラによって当時の貴重な映像が僅かですが残っているのです。
話は少々脱線しますが、「なぜ16ミリカメラだったのか?」
映画では通常36ミリフィルムカメラで撮影しますが、でも今回は16ミリ...
36ミリのカメラは大きくて重いため、ニュースなどの映像を撮影するには不向きだったようです。
このカメラは次の世代の録画機器が導入されるまで使用されていました。

録画されていたフィルムはNHKに保存されていましたが、当時千代田区内幸町にあったNHKが渋谷区宇田川町に移転される際にそれらのフィルムが破棄されてしまいそうになったようです。
既に数多くのフィルムが紛失していたのも事実だったようです。


この続きは次回!
posted by PRINNONO at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ドラマの記録...【その1】

1968年にNHKで放映された「あねいもうと」に関する情報を探していたのですが、どうやらその記録(映像)は保存されていないようです。

そこで、今日はテレビと映像についての第1弾としてお話しますね!


1953年2月1日から始まった日本でのテレビ放送、もちろんNHKが放映したのが始まりです。
当時、民放の日本テレビ(NTV)も放映準備をしていましたが、アメリカ製の放送機器だったため納期が遅れ、放映開始はその年の8月28日になってしまったそうです。
その頃の(テレビ)受像機はものすごく高く、値段は一般サラリーマンの年収に匹敵するくらいで、およそ20万円。
一般家庭では買えるものではありませんでしたし、視聴できる地域も東京、名古屋、大阪と大都市だけでした。

そこで登場したのが、皆さんご存知の「街頭テレビ」です。
当然、映像は白黒ですが、テレビは高価で購入できる人は限られてしまいます。
でも、テレビがなければ見ることはできない...
となれば、テレビの台数を増やすのではなく、見る人を増やすという作戦に出たのが、この「街頭テレビ」の始まりだったそうです。
あの力道山の空手チョップのプロレス中継は有名ですね!

そしてテレビは一般家庭にも普及していきます。
1959年の大イベント、皇太子・美智子様のご結婚です。
この中継を視聴するため、テレビは驚異的な普及を遂げ、この放映1年前と放映直前を比べると、何と2倍以上になったということです。

番組の内容も「娯楽」中心から「生活に役立つもの」、そして「ドキュメンタリー」を含めて視聴者のためになる番組を製作していくことになります。


この続きは次回!
posted by PRINNONO at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。