2008年09月01日

私のホームページ【その3】

皆さんはパソコンの中にある写真やファイルを見るとき、何を使って見ていますか?
OSがWindowsの人達はだいたいエクスプローラで見ていると思います。
もちろんこれで十分です。

が、私は使い勝手のいい

Vix

というフリーソフトを使っています。
このソフトはエクスプローラと同じように閲覧できる画像ビュアーです。
写真はサムネイルで表示でき、切り替えればファイル名のみやファイル名とその詳細を表示できます。
ロケ地写真などを見るときに、非常に便利です。
そして、画像の編集もできます。
と言っても、編集ソフトではないので凝った編集はできませんが、リサイズや切り取り、回転、反転、明るさ調整などができるので、ちょっとした編集をするときは便利です。

私が最も活用しているのは「フォーマット一括変換」と「総合変換」という機能。
「フォーマット一括変換」は画像の形式を変えてくれるもので、例えばビットマップをJPEGやGIFに変えたりと相互変換してくれます。
(但し、ビットマップに変換する場合、ファイル形式はBMPになりますが、画質は元のファイルとほぼ同じになります。)
キャプチャ画像(BMP)をJPEGに変換するときにフォルダー内の画像をまとめて変換してくれます。
もちろん1ファイルごとでも数ファイルまとめてでもOK!

もう一つの「総合変換」ですが、これがとても便利!
ファイル名の一括変更、トリミング、リサイズ、フォーマット変換等などがまとめて1回でできてしまいます。
特にファイル名一括変更はロケ地写真を整理するときに便利です!
例えば「桜ケ丘ロータリ001」〜「桜ケ丘ロータリ085」など条件を設定すればあとは自動。

その他にアルバム印刷・HTMLという機能があります。
これはそのフォルダ内の画像を縮小(サイズの指定可)して写真をアルバムに貼り付けたようなイメージで印刷したりウエブ上に公開できるファイルに変換してくれます。
私はキャプチャ画像をこの機能を使って印刷し、ロケ地探しをするときに持ち歩きます。


posted by PRINNONO at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。