2007年02月26日

こいさん役で出演!

今日は「あかんたれ」ついて...

「あかんたれ」は岡崎友紀さんも富江(こいさん)役で出演された東海テレビ制作で高視聴率をとったお昼のドラマです。
大阪船場の反物問屋を舞台に成田屋の主人秀吉が残した妾(てかけ)の子の秀松(秀太郎)が「本妻やその子供たちに認めてもらえたら一緒に住む」との約束を母とし、その奮闘記・成長記を描いた花登筐さんの作品です。

この作品は「あかんたれ〜土性っ骨」というタイトルで文藝春秋から出版されましたが、既に手に入れることは難しいようです。
私は幸運にも出版されてからすぐに購入しましたので今でもこの本を持っています。

今の「いじめ」のような場面もありますが、明治時代の秀松は強い意志と根性、そしてやさしい心の持ち主だったんだなって思います。 正直者は何かと損をすることが多いのですが、秀松は正直にまっすぐ一歩一歩確実に歩いていく姿に感動させられます。

余談ですが、このドラマは15分の番組でした。 その為なかなかドラマが進展していきません。 前回のあらすじ等を冒頭に入ることで尚更進展しません。 結構、イライラしてみていました。 でも、内容やストーリーはとっても良かったように思います。

参考までにキャストを記載しておきます。(ウィキペディアより)

秀太郎(「秀松」「秀どん」): 志垣太郎
安造(正妻の子、「安ぼん」): 沢本忠雄
糸子(安造の姉、「とうさん」): 土田早苗
富江:(安造の姉、糸子の妹、「こいさん」): 岡崎友紀
ヒサ(正妻、「ご寮さん」): 小山明子
治三郎(分家): 高田次郎
お絹(秀太郎の生母): 中村玉緒
秀吉: 中村嘉葎雄
孝助(成田屋番頭): 石井均
直助: 田中直行
糸茂: 小沢栄太郎
作造: 谷幹一
おいし: 石井富子
たか子: 千村みさき
鴻池・隠居: 内田朝雄
おすみ: 森明子
お梅(成田屋の女中): 臼間香世
音松(鉄川、又は音田)(秀太郎の先輩の丁稚):倉岡伸太郎
愛子: 生田悦子
詐欺師・木下: 垂水悟郎
ナレーション: 渡辺富美子
posted by PRINNONO at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック